ニューイングホームロゴマーク

一生涯の家守り

ニューイングホームはお引き渡し後30年、計12回「無料定期点検」を通して、お客様の住まいと家族の暮らしを末永くサポート。

家が完成して引き渡したら終わり⁇・・・いえ、始まりです。20年30年と住み続けていく中で「なにもない」「何もしない」という事はありえません。壁紙の劣化・建具の不具合等々。建てた会社が面倒をみなくなったらどうなりますか?家も人間の体と一緒と考えます。なので、家も定期的に検診を受ける必要があるはずです。結果を聞けば安心して住めますよね!なにかあったらすぐ相談できる「お家のかかりつけ医」「お家のホームドクター」であること。それが作った会社の責任です。

家を造るだけではなく、建てたあとも「トータルサポート」していく。私たち地元企業はお客様と末永くお付き合いする為に、逃げない覚悟・最後まで責任をもつ覚悟が必要と考えます。

10年の住宅瑕疵担保保険で、
いざという時もW安心です!

新築住宅を建設する会社には「住宅の主要構造部分の瑕疵について、10年間の瑕疵担保責任を負うこと」(わかりやすく言うと「家の骨格部分で欠陥が見つかったら、無料で修理すること」)が、法律で義務づけられています。でも、その会社が10年の間に倒産・廃業したら・・・という時にそなえて、日本住宅保証検査機構(JIO)による「住宅瑕疵担保保険」があるんです。

「住宅瑕疵担保保険」が修補できる箇所は、住宅の構造・耐力上でメインとなる部分と、雨水の侵入を防止する部分で、「住宅瑕疵担保保険」の点検・検査はJIOの検査員が行います。ニューイングホームは定期点検も平行して行いますので、最初の10年間はW点検期間となります。

地元在住のスタッフが
スピーディーに対応

ニューイングホームが大切にしているのは、「緊急時、お客様が弊社の担当とすぐに連絡が取れる良好な関係性」です。考えてみてください。家づくりからお引き渡しまで悲喜こもごもあるとは思いますが、印象が悪い人に「どうしよう、困った!」のヘルプの連絡をしたいと思いますか? 逆に「あの人なら迅速に助けてもらえる!」と思われることこそ、担当者として冥利につきます。

まずは、家づくりをさせていただいたニューイングホームの担当者が窓口となり、担当者あるいはその家を熟知している現場監督がお伺いします。お話を伺いながらアフターメンテナンスを担当する『いろは』に連絡を取り、情報を共有しながら対処法や修繕のご提案などを行っています。

資金計画やローンのご相談・各種補助金に関するお問い合わせなど
気になる点はなんでもご相談ください!

お電話はこちら

0995-48-5388
受付時間 9:00〜18:00

SPEC

標準仕様
(全棟長期優良住宅)

REASON

安くても良い家が
建てられる理由